お知らせ

歯周病治療

歯周病とは

歯周病とは、歯についた歯垢(プラーク)が原因で、歯肉が炎症を起こし、放置しておくと、膿が出たり、口臭がひどくなって、最後には歯が抜け落ちることもある、こわい病気です。

歯周病

歯は歯肉や歯槽骨などによって支えられています。歯肉に炎症が起きているものを歯肉炎、歯槽骨まで進んでいるものを歯周炎といい、これらを合わせて歯周病といいます。高齢者が歯を失う最大の原因が歯周病です。
歯周病は初期段階で痛みがないことが多いため、発見が遅くなることがこわい点でもあります。歯茎から血が出たり、口臭が気になったりしたら、すぐに受診しましょう。そのような症状がなくても定期的に検査を受けることが、ご自分の歯を長く持たせるためには大切です。

歯周病の治療

1.歯の診査
口腔内写真、歯周ポケット計測、歯の動揺度検査などをおこない、症状の把握と診断をおこないます。

2.治療計画
患者様に現在の状況と治療計画について説明します。

3.治療
歯の表面に付着している歯石、歯垢(プラーク)の除去を中心とした治療をおこないます。歯周病の治療には、ご家庭での歯磨きも大切ですから、その指導もさせていただきます。

かさいデンタルクリニックでは、定期健診を受けられる方には、必ず歯周病のチェックをさせていただいています。
必要に応じて、歯石の除去や歯磨き指導を実施しております。
初期・中期段階では自覚症状があまりない歯周病発見のために、どうぞ定期的にご来院ください。

歯周病チェック

次のような症状がある場合は、歯周病かもしれません。
□朝起きた時、口の中がネバネバする。
□歯を磨く時、出血することがある。
□口臭がある。
□歯茎が赤く腫れている。
□歯が長くなったように見える。
□歯と歯の間の隙間が大きくなった。
□固いものが噛みづらくなった。